自律神経失調症

検査のイメージ

検査のイメージ

自律神経失調症でこんなことに悩んでいませんか?

  • 急に不安になったりイライラしたりして心が定まらない
  • のど元や胸元でつまった感じがする自分の体が自分のものでないように感じる
  • 自分の体が自分のものでないように感じる
  • 夜も眠れず一日中体がだるい
  • 病院に行っても薬が増えていくだけで何も変わらない
  • 頭の先から足の先まですべてがつらく感じる

他人には理解されにくい自律神経失調症ですが諦めないでください。

 

院長の私は病院附属の鍼灸院で12年3万症例以上を経験し、西洋医学と東洋医学を熟知しております。
なので薬に頼っても改善しなかった人の気持ちもよくわかりますし、東洋医学のアプローチで自律神経を整え、薬に頼らなくなった例をたくさん経験しております。
そして良くなられた方は次のような望みを叶えられています。

  • 自分の体のことに過敏になり過ぎていたが気にならなくなった
  • 体と心の健康のためには何をすればいいのかがわかった
  • よく眠れるようになって、朝起きても爽快になった
  • 気持ちが前向きになり、外に出ていくことが多くなった
  • 薬に頼らないで毎日を過ごすことができた

「自律神経失調症」の方が施術を受けた喜びの声

自律神経の乱れで薬を飲んでもよけいにしんどくなっていましたが、不安感がなくなり物事を前向きに考えるようになりました。

お客様写真
アンケート用紙

2017年の11月頃より、おなか(盲腸のあたり)が痛くなったり、又胃の痛み等で気分がよくなかったです。
2017年に病院で胃カメラ、又2018年1月に大腸検査をしていただきました。
どちらもなんの問題もなく、神経的なものでしょうという事でした。
しかし自律神経の乱れからくる不安感はかなりありました。

 

その後に以前、肩コリでお世話になったこともあるこちらの治療院で6月より治療していただいています。
施術を受けて不安感はなくなりました。
また物事を前向きに考えるようになりました。
先生はよく話を聞いてくれありがたかったです。

 

私の場合、神経内科で一度のみ薬を処方されましたが、よけいしんどくなった為、ハリ治療にたどりつきました。
おかげでずいぶん楽になりました。
どこも悪くなく、なんとなくしんどいといった方は一度ご相談されてはいかがでしょうか。

森本 照實様 高市郡明日香村 69歳 主婦

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

男の更年期と言われた自律神経の不調が、今では薬も飲まずに日々過ごしています。

お客様写真

1年ほど前よりイライラしたり、クヨクヨしたり心が定まらないような症状が急に出てきました。
他にも胃腸の調子が悪くなったり、頭痛が出たりもしていました。

病院でみてもらっても、特に異常はなく「男の更年期」と言われました。
それで安定剤などを処方されましたが、それを飲むと、めまいのようなフワフワした症状が現れ、薬を飲むのを止めました。
他の病院で見てもらっても同じような薬や、心療内科を勧められたりしてあまり改善せずにいました。

 

そんな時何かいい方法はないかと、インターネットで調べていたら、三つ柱治療院さんが目につき一度行ってみることにしました。
以前に鍼は受けたことがありましたが、自律神経や体質、体のゆがみなどを調整するような鍼は受けたことがなかったので、とても新鮮に感じました。

施術を受けて行くにつれ、ゆっくりと体が変化を起こしていくのがわかりました。
なんだか夜が寝やすくなったり、便の出が良くなったり、少しずつ楽な感じが増えていきました。

 

今では薬も飲まずに日々過ごしています。
たまにイライラするときもありますが、以前ほど不安定な感じはないです。
自律神経は薬で良くするのは難しいので、鍼灸治療が絶対おすすめです。

酒井 恒之様 桜井市 48歳 介護職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

他で良くならない理由

良くならないイメージ

当院にこられる方は、皆さんが「やっと楽になった!」とおっしゃられます。
本当にうれしいお言葉です。

 

ほぼ全員の方が、当院に来られる前は、病院の神経科、心療内科、他の整骨院や整体院などを何件かまわってから来られます。

 

「鍼灸は自律神経に良い」とどこかで知り「この辛さをどうにかしたい」「いつまでも薬には頼りたくない」という思いをお持ちの方が半数以上をしめています。

 

そして当院の施術を受け「諦めなくて良かった」と思われるのには理由があります。
その理由は、徹底したカウンセリングで【根本的な原因】を特定したうえで、【体質改善と自律神経】のアプローチをすることです。
そうすることで今ある様々な症状を落ち着かせ、自律神経を安定させることができます。

 

例えばほとんどの人は、まず病院に行き辛い症状に対して検査を行います。
レントゲンやMRI、血液検査などを行いますが特に異常は見当たりません。
そうして症状を和らげるため、痛み止めやシップ、眠剤や安定剤などを処方されます。

 

それでも良くならないと訴えると、あまり話も聞いてくれず、心療内科などを紹介されます。
そこでも薬が出されて、いつのまにか飲んでいる薬が増えていきます。

 

それでも状態は改善せず、次は整骨院や整体院に施術を受けに行きます。
それでもその時楽になるだけで、またすぐに元に戻ってしまいます。

 

このような「元に戻る」という状態は【根本的な原因】にアプローチしていないから起こるのです。
また日常生活での過ごし方や姿勢が悪いために【体質や自律神経】に疲労がたまっていき、回復力が低下していることも良くならない要因の一つになります。
当院では他院と違い、東洋医学と西洋医学の検査法を組み合わせ【根本的な原因】を的確にとらえます。
その上ではりきゅうと整体施術で【体質と自律神経】を調整し【根本的な原因】にアプローチするので、楽になってそのまま元に戻らない状態を目指せます。

 

このように根本的な解決を行うことにより、病院や整体院では良くならなかった自律神経失調症を、確実に良くすることができます。

 

もしあなたが今、自律神経失調症でお悩みで、ずっと薬にたよりたくないと思われているならぜひ当院にお電話でご相談ください

 

症状の説明

自律神経失調症のイメージ

自律神経とは、体や心、内臓の働きなどを安定させる神経のことです。
その神経が何らかの原因で不安定になっている状態を「自律神経失調症」といいます。

 

自律神経失調症は血液検査や画像検査などではハッキリとした所見がでません。
ですので現れている症状から病名を判断されます。
自律神経失調症の症状は多彩であり、全身に現れます。
心臓 ・・・動悸、胸痛、胸苦しさ

肺  ・・・息苦しい、息がつまる

胃腸 ・・・吐き気、下痢、便秘、腹痛、胃の不快感、ガスがたまる

頭  ・・・頭痛、頭重感、脱毛

目  ・・・目の疲れや乾き、まぶしい

耳  ・・・耳鳴り、耳の違和感、めまい

口  ・・・口の渇き、味覚障害

のど ・・・ノドの異物感、飲み込みにくい、話しづらい

手足 ・・・痛み、しびれ、ふるえ、冷え

皮膚 ・・・多汗、かゆみ

筋肉 ・・・肩こり、脱力感、筋肉痛

血管 ・・・立ちくらみ、高血圧、冷え

膀胱 ・・・頻尿、排尿困難、残尿感

生殖器・・・勃起射精障害、生理不順

全身 ・・・微熱、倦怠感、疲労感、食欲不振、ほてり

精神 ・・・落ち込み、不安、不眠、イライラ、気力低下、集中力低下、情緒不安定
このように実に様々な症状が現れます。

原因

体が辛いイメージ

自律神経失調症を引き起こす原因となるものは、大きなもので3つあります。

 

1、ストレス

 

ストレスといえば精神的なものを思い描く人が多いと思いますが、精神的なストレス以外にも様々な種類があります。
労働でのストレス、気温変化によるストレス、騒音や振動などの環境的なストレスなどがあります。
これらのストレスが蓄積されある一定まで溜まると、それが引き金になり、自律神経に悪影響を及ぼします。

 

ストレスになっていることから、自分自身を遠ざけることも必要ですし、施術で体にかかっているストレスを緩和し、回復力を高めてあげる必要があります。
2、生活習慣

本来人の体は日中は活動的に、夜は体を休めるように自律神経がリズムをとっています。
ところが、昼夜の境なく活動したり、夜に十分な休息をとらなかったりすると、自律神経のリズムが狂ってきます。
そうすると活動的にしたり休息したりの切り替えが上手くできなくなってきて、自律神経の乱れを引き起こします。

 

生活習慣を正していくことも必要ですし、自律神経の切り替えがうまいことできるよう、施術で調整する必要があります。
3、ホルモンバランス

女性の方で多いのがこのホルモンバランスです。

 

自律神経はホルモンバランスと強く関連しており、月経の周期や閉経、出産などを経験する女性はホルモンバランスが乱れやすく、そのホルモンバランスに連動して自律神経も乱れやすくなります。

 

この場合自律神経だけでなく、ホルモンバランスも調整する必要があります。
また骨盤のゆがみなどはホルモンバランスを崩す一因になりますので、骨盤の矯正などで体のゆがみを正す必要があります。

 

自律神経失調症を投薬だけに頼ってしまうことで起こる 4つの悪影響

ほとんどの自律神経失調症は、根本原因がわからずに投薬だけなされています。

 

この病気は自律神経の興奮(交感神経)と沈静(副交感神経)のバランスが崩れ全身に症状を呈しますが、今出ている症状に対して投薬がされ、自律神経のバランスを整えること自体には方法が無いのが現状です。

 

なので投薬を続けていっても根本的な解決にはならずに、それどころか次のような悪影響を及ぼしていきます。

・症状が多すぎて薬が本当に効いているかわからない
・他の方法で良くなる時期を過ぎて、こじれて手遅れになる
・段々と薬が効かなくなっていき、薬の量が増える
・依存性のある強い薬が出されて、薬がやめられなくなる

 

このように状態は悪くなっていくのに、薬だけが増えていき悪循環に陥ります。
悪循環に入ってしまうと、良くなるまでに通常の2倍以上時間がかかってしまいます。

 

もしこれらのことであなたが少しでも不安を感じるなら、当院での施術を受けてみる価値があります。

自律神経への施術

「いつか良くなるだろう…」「他の方法を試してみるのが不安…」と思わず、できるだけ早い段階で、自律神経失調症の根本解決を目指すことで、薬に頼らない健康な心と体への近道となるのです。

 

薬に頼らずとも当院で良くなった理由

自律神経が原因で出てくる症状は全身にわたって出てきます。
肩こり、のぼせ、冷え、立ちくらみ、胃腸の不快感、不眠、イライラ、不安…など様々です。
ほとんどの方は病院で「自律神経失調症」と言われ少しずつ薬が増えていくだけで、辛い症状自体は良くなりません。

 

そのような自律神経失調症でも根本療法で解決できるのには理由があります。

理由1

徹底したカウンセリングであなたの心と話をし、根本的な原因を見極めます。

西洋医学的な検査だと、自律神経失調症はハッキリとした検査結果には現れません。
症状に対しての薬がだされ、症状が増えていくと薬も増えていくわけです。
そのため病院や、他院で全然話を聞いてくれなかったり、頭から否定されたりしたことが一度や二度はあるでしょう。

 

当院ではまずは徹底したカウンセリングであなたの心と話をすることから始めます。

カウンセリング風景

どういった症状が現れ、どのように日常生活で影響があるのか?体質はどうなのか?といったことを突きつめていきます。

そうして十分なカウンセリング時間をかけ、体と心を全体的に捉えることで

 

  1. 自律神経失調症の根本原因を突き止めることができる
  2. あなたの思いや考え方を踏まえ、納得して施術を受けてもらえる
  3. 薬に頼らないためにはどうしていけばいいのか導き出すことができる

このようなことができるようになり、施術前の不安を無くすことができます。

 

理由2

西洋医学の知識もあるからこそ、薬に頼らなくとも良くなる方法を導き出せます

多くの施術者は、病院医療機関などでは経験を積みません。
つまり普通の施術者は病院での投薬に詳しくないので、薬の必要性や施術との相性、東洋医学的アプローチの有効性などを比較できないまま施術をしています。

 

当院の院長は全国でも少ない、西洋医学と東洋医学が融合する環境で12年間、所長として経験を積んできました。

 

その経験があるので

 

  1. 病院の投薬を続けながらでも、施術の効果を引き出せる
  2. 東洋医学の根本療法で、薬に頼らない体質になることができる
  3. 自律神経失調に対し3万5千症例もの経験があるので、あなたが良くなる最短ルートがわかる

これらのことが可能となり、高度な施術を自信を持って行えます。
その結果自律神経失調症が、薬に頼らずとも解決することができるのです。

 

理由3

あなたに合わせた痛みのないソフトな施術。施術中は眠くなるほどなので安心!

自律神経失調症に対して他鍼灸、整体カイロ院のほとんどの施術法は、誰が来ても同じような方法で行うことが多いです。
刺激に過敏な人や鈍感な人でも、同じ施術を行い「施術に体を合わしてもらう」といった方針で行っています。

ソフトな施術のイメージ

当院の施術はあなたの体に一番合った刺激量で調整を行っていきます。
施術に体を合わしてもらうのでなく「体に施術を合わしていく」方針で行います。
自律神経失調症は刺激に対して過敏になる傾向がありますが、体質により適正な刺激量というのが微妙に変わってきます。
当院が一人一人違う施術を組み立てるのは

 

  1. 自律神経を興奮させるのでなく、沈静させる
  2. 強い刺激で1回で調整するのでなく、弱い刺激で体の奥から調整し再発させない
  3. その人の体に合わして調整することで、体に優しく副作用が現れない

これらのことを目的としているからです。

 

毎回施術を受けるのが怖い、痛いでは効果が半減してしまいます。
血管や神経を傷つけない最も細いタイプの鍼や、火傷しない温灸、ボキボキしない眠たくなってくる整体は、より自律神経のバランスを整えることに特化しているためだからです。

 

自律神経失調症でよくある質問

Q:施術は痛いですか?

ご安心ください。
痛みを伴う施術はいたしません。
カウンセリングの時に体質や状態を見極めますので、あなたが心地よいと感じる刺激量で調整していきます。
初めての場合でも痛みを感じなかった人がほとんどです。

Q:薬は飲まないで、施術にすべてを託した方がいいですか?

長年薬に頼っていたり、どんどんと量が増えていくと、すぐにでもやめたい気持ちになりますよね。
当院の施術は1回で治してしまうものではありません。
自律神経失調症は特に時間がかかる症状です。
しかし施術を継続していくことで必ず良くなりますので、状態が良くなる毎に担当の医師と相談してください。
薬と併用して施術を受けても効果を引き出し、副作用を少なくできるのも当院の施術の特徴の一つです。

Q:うつ病もあるのですが効果はあるでしょうか?

うつ病と自律神経失調症はよく似た症状が出ることから、一般の人には区別がつきにくいです。
脳内の物質が関与したりしますが、うつ病の場合は精神的な症状(心や感情)が強く出てきます。
そして自律神経の症状も併せ持っています。
軽度のうつ病ならば施術の適応になりますが、中等度~重度になると適応範囲外になります。
判断しかねる場合は一度ご相談していただければと思います。

 

オファー4980円

※初めての場合、原因や体質を見極めるため90分ほどかけて、カウンセリング・検査・説明を入念に行います。

 
※初回限定お試し施術には限りがあります。

 

※下記クレジットカードが使えます

使用可能クレジットカード

薬でも楽にならない自律神経失調症が、寝やすい日が増えて不安感が少なくなりました。

お客様写真

3年前のある日、特に動いていたわけでもないのに、急に心臓がバクバクしだしました。
同時に心の不安感も感じるようになりました。

すぐに病院に行きみてもらいましたが、特に異常はなく、自律神経失調症といわれました。
それからは眠剤や安定剤などを出されましたが、特に楽になることもなく、薬を飲み続けている状態でした。

 

そんな時に三つ柱治療院さんを、インターネットで見つけました。
鍼治療が自律神経を整えるということを聞いたので、根本から体質改善ができそうな所を探していました。
初めての鍼治療で最初は少し怖かったですが、背に腹は変えられないので覚悟を決めて受けることにしました。
ところが思ったほど痛みがなく安心でした。
東洋医学の方法はゆっくりと体に負担なく効いていくとのこと。
その通りに段々と寝やすい日が増えてきて、不安感が現れることも少なくなりました。

 

先生は色んな話も聞いてくれるので、病院の先生とは違うなぁと感じました。
自律神経失調症には本当に鍼治療はおすすめです。
少しでも悩まれているのでしたら、相談されることをお勧めします。

笠井 哲様 橿原市 48歳 自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

自律神経失調症といわれ、薬が増えていく一方でしたが、今では薬を飲まなくてもよくなりました。

お客様写真

50歳を過ぎたころから、朝が起きにくくなったり、夜に寝汗をかいたりすることが増えてきました。
また急に、なんともいえない不安感におそわれたりすることもありました。

病院で見てもらうと自律神経失調症といわれ、眠剤を処方されましたが、あまり変わりませんでした。
とくにこれといった根本的な対処をするわけでもなく、次々に薬が出されて、次第に薬が増えていく一方でありました。
これではダメだと思い、他にいい方法がないかと探していると、知人から三つ柱治療院さんの事を聞き、一度見てもらうことにしました。

 

鍼は以前に受けたことがありましたが、自律神経にアプローチするには、特別な方法があるのだとか。
施術を受け始めてから、1か月ぐらいしたころより、夜の寝汗が減ってきました。
朝も起きやすい日が増えてきて、神経が整ってきた感じを受けました。
また普段日常で注意することや、体質に合った食事も指導してもらい、取り入れております。
今では薬も飲まなくてもよくなりました。
これもひとえに先生のおかげだと思っています。

 

自律神経は薬では中々良くならないので、困っている方は相談してみるべきだと思います。
必ずやってよかったと思いますよ!

松口 武雄様 橿原市 52歳 公務員

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

最後に院長からの一言

院長のイメージ

自律神経失調症の方は、なんとなく体の調子がすぐれないことが続き、病院に行く人が多いです。
そこで原因がよくわからないまま「自律神経失調症」と言われ、薬が出されます。
そこで良くなる人もいてますが、そのまま状態が変わらないのに、いつまでも薬を飲み続けたり、量が増えていったりしてしまいます。

 

そしてイライラや不安感も引き起こすので、心と体が離れたように感じ本当に辛いです。

 

私は病院で勤めていましたので、薬の必要性や効果なども良く知っています。
それでもその薬と併用しながら、施術を受けることで薬の量が減ったり、薬に頼らずとも健康になった方をたくさん見てきました。

 

あなたの体と心が健康になり、人生を楽しく過ごすには、根本解決を目指す当院の施術を受けることが、一つの方法だと自負しています。
今まで辛い症状に耐えてきたからこそ、今からはその道を引き返しましょう。

 

そして以前のように薬に頼らず、有意義で充実していた時に向かって、共にその一歩を踏み出しましょう!