前骨間神経麻痺・後骨間神経麻痺

前・後骨間神経麻痺を改善に導きます

前・後骨間神経麻痺を改善に導きます

ヘルモア1位

当院では万全の新型コロナ対策を行っています。

→「当院で行うコロナ対策10項目」を見る

前・後骨間神経麻痺になりこのようなことでお困りではありませんか

骨間神経麻痺の説明をしている様子

あなたが悩んでいるその前・後骨間神経麻痺、そのまま放っておくと回復する時期を過ぎてしまい、手術をしても元に戻らない可能性があります。

 

でも大丈夫ですよ。

 

当院では筋肉の麻痺を正常な状態に戻し改善に導く、神経麻痺・感覚障害専門の施術を行っています。
もし今あなたが、前・後骨間神経麻痺でお悩みなら、当院にご相談ください。
あなたが以前のような、不安のない日常生活を取り戻せるよう、全力でサポートいたします。

当院だけでしか受けられない末梢神経再生施術

末梢神経再生施術のイメージ

当院ではしびれ・麻痺・感覚障害に特化した「三つ柱式・末梢神経再生施術」を行っています。

この施術法は、一般的な鍼灸施術や整体施術と違い、体の冷えを西洋医学と東洋医学の両面から分析します。
そしてその冷えを取り除いた上で、しびれや麻痺を引き起こしている前・後骨間神経に、集中的に血液と栄養を送り、神経の再生・修復を最大限に促します。

骨間神経麻痺の原因とアプローチ

一般的な整体院・鍼灸院との違い

他院との比較図

1分半でわかる院内紹介動画はコチラ

院内紹介

写真は左右にスライドできます

外観

外観

お車でお越しの際は、軽四車及びコンパクトカーなどの小さい車は院前にお止めください。
普通車は別途専用駐車場が1台ございます。

入り口

入り口

当院は院長一人で受付~施術までを行っています。入っていただきましたら、スリッパに履き替え、待合のイスでお待ちください。

待合

待合

お声かけさせていただきますので、少々おまちください。

受付

受付

つきあたりの奥にトイレがございます。
お履きになっているスリッパのままお入りください。

1番ベッド

1番ベッド

初回カウンセリングはこの部屋で行います。

カウンセリング風景

カウンセリング風景

しっかりお話をお聞きして、丁寧に説明いたします。

検査風景

検査風景

症状の出ている部位や、脈やお腹を見たりします。
痛みのない検査を行いますので安心してください。

施術風景

施術風景

当院に来られる半分ほどの方が、鍼灸治療は初めてですが、全員「痛くなかった」とおっしゃられます。
痛みなく熱くない刺激量で施術を行います。

2番ベッド

2番ベッド

全部屋に空気清浄機、オイルヒーター、空気清浄ファンヒーターなどを設置しています。
夏は冷えすぎない自然な涼しさ、冬は暖房の風でなく、足元から体の芯を温める環境にしています。
また1回施術毎に、枕カバー及びシーツの交換、フェイスマット・胸マクラ等の消毒を行っています。

トイレ

トイレ

トイレはお履きになっているスリッパのままお入りください。

住所 奈良県橿原市兵部町6-10
エイトウッドマンション1F
(駐車場3台あり)詳しいアクセスを確認する
電話 0744-55-2217
営業時間 日・祝
〇火水金9:00~19:00
(最終受付18:30)

△木・土9:00~17:00
(最終受付16:30)

オファー3980円

※初めての場合、60分ほどお時間をいただきます。(2回目以降は30~40分程)

※限定特典は数に限りがあります。あらかじめご了承ください。

使用可能クレジットカード

電話番号

LINE予約

医師からの推薦

「鍼灸の理屈も実際も完璧にこなされる鍼灸師です。」

社会医療法人健生会 名誉理事長 土庫病院大腸肛門専門医 稲次 直樹先生

稲次先生(左)と猪之良先生(右)

私とは、社会医療法人健生会で10数年一緒に勤務してきました。

猪之良先生の第一印象は明るさとやさしさです。

この間、法人の土庫鍼灸治療所の所属長として鍼灸治療を頑張ってこられました。

多くの患者さん達から頼りにされる鍼灸師です。

 

私も大腸検査や手術で肩が凝り、腕が上がらなくなった時も心良く治療して頂き、湿布や塗り薬よりも早く治して頂いた経験があります。

鍼灸の理屈も実際も完璧にこなされる鍼灸師です。

 

この度、当法人を辞して、地域で新たに鍼灸院を開設されるとのこと。

当法人におられなくなることは残念ですが、地域の皆さんに喜んで頂ける鍼灸治療所が出来ることは嬉しいことです。

どうぞ頼りにしてください。

「本当に信頼できる誠実な先生の一人です。」

耳ツボファスティング協会会長 ばば鍼灸院院長 馬場健吾先生

馬場先生

猪之良先生の特筆すべき点は、神経の状態を正常にコントロールする技術力の高さです。

このような技術、そして経験・想いをもっている先生は、私が知る限りではいません。

しっかり結果を出したい、根本的な体質改善をしたい、本来の自分を取り戻したいという方に、自信を持ってお勧めします。

 

私から見て猪之良先生は、本当に信頼できる誠実な先生の一人です。

安心してご相談してください。

なぜ骨間神経麻痺が改善しないのか

説明風景

前骨間神経麻痺・後骨間神経麻痺の原因は、はっきりとわかっていませんが、病院ではリハビリや投薬などが行われます。
回復が望ましくない場合、手術も検討されますが、思ったほど効果が現れなかったり、神経損傷のリスクもあるため、慎重に判断しなければなりません。
ではなぜ病院の薬やリハビリ、手術までしても良くならない人がいるのでしょうか?

 

その答えは、ダメージを受け麻痺している骨間神経の血流が悪く、神経自体に回復する力がないからです。
一度麻痺を起こしてしまった神経は、元の機能を取り戻すためには、大量の血流と栄養が必要です。

前後骨間神経麻痺の原因は原因不明ではありません

骨間神経麻痺の根本原因

一般的に前・後骨間神経麻痺は、外傷や神経の炎症がきっかけで発症するといわれています。
しかし外傷を除き、神経の炎症がなぜおきるのかは、原因がわかっていません。

 

しかし東洋医学的には、原因がはっきりしており、体の冷えが深く関係しています。
冷えの状態が長く続くと、神経をはじめとした細胞に血流・栄養が届かず、しびれや麻痺・感覚障害の症状が現れます。
ものすごく寒い所にいると、手足がしびれてきたり、麻痺して感覚が鈍くなったりするのがその例です。
骨間神経麻痺では、この冷えが腕や手指にあることで、神経に血流・栄養が届かない状態になっています。

骨間神経麻痺に対する末梢神経再生施術

施術のイメージ

当院ではダメージを受けてしまった骨間神経に、たくさんの新鮮な血流と栄養を送る施術をします。
改善に重要なことは、冷えを特定・改善し、神経に絶え間なく血流が届けられることです。

安定して血流が送られることで、神経の修復・再生が最大限に高まり、しびれや麻痺を改善に導くことができます。

東西医学の知識を駆使した検査で冷えを特定

東西医学を駆使した独自の検査

東洋医学と西洋医学の検査を駆使し、両医学の知識を統合して分析し、3つの体の冷えパターンを特定します。

3つの冷えパターン

①下半身冷えタイプ

下半身が冷えているタイプです。
手は温かいが、足は冷えている状態です。

相対的に上半身は熱を持ち、のぼせやすい体質です。

②手足冷えタイプ

代謝が低く、低体温、低血圧(血圧の上が100以下になる時がある)、貧血傾向の体質です。

首の筋肉が緊張しやすい体質です。

③まばらタイプ

手足の左右片側だけが冷たかったり、内臓が冷えや熱をもっているタイプです。
血流のバランスが悪く、冷えているところと熱をもっているところが、極端で混在しています。

ほてりがある場合、ふとんから足をだしたり、靴下を脱いだ方が気持ちいい体質です。

血流を良くするツボに鍼で刺激を与え冷えを取り除く

全身の血流を良くする施術イメージ

全身にある自律神経のツボや、血流が滞っている部分にアプローチし、血流が均一になり隅々にまで行き渡るようにして、冷えを取り除きます。

冷えが取り除かれ血流が均一になった図

この状態にすることで体温が上昇し、免疫力が向上しますので、ダメージを受けた神経の回復力が正常な状態に戻ります。

ダメージを受けた神経の修復・再生を促す専門施術

神経の再生・修復を促す専門施術

神経が修復・再生するイメージ

しびれや麻痺、感覚障害を引き起こしてしまっている神経に、直接アプローチして部分的に血流を促し栄養を送り、神経の修復・再生を最大限に高めます。

ダメージの受け方によって、お灸で直接熱を加えたり、血管を広げるツボを刺激したりします。

 

このようにして体の冷えを特定し、冷えを取り除いた上で、ダメージを受けた神経に集中して血流を送ることで、しびれや麻痺・感覚障害を改善に導きます。

院長からのメッセージ

はじめまして!

奈良県橿原市の、三つ柱治療院 院長の猪之良(いのら)と申します。

 

当院では神経のしびれ・麻痺・感覚障害に特化した施術を行っています。

治療家としての経験は約20年で、土庫病院の東洋医学科で、12年間在籍していました。

入院施設もあったことから、薬で良くならないしびれ・麻痺・感覚障害の重症例などを多く担当しました。

ですので、一般的な治療院で経験を積んできた治療家より、西洋医学の手法や薬で良くならなかった症例を、多く経験しています。

そしてそのような臨床を繰り返す中で、しびれ・麻痺・感覚障害は「冷えからくる回復力の低下」が原因で、神経に悪影響を与えているのだと気付きました。

 

「薬を飲んでも一向に良くならない・・・」

「手術しか治らないと言われた・・・」

「特に大した治療をしてくれない・・・」

 

このようなつらい悩みをお持ちの方が、当院には多く来院され、たくさんの方から喜びの声をいただいております。

もしあなたが、どこに行ってもしびれや麻痺・感覚障害が改善されないのなら、ぜひ当院にご相談ください。

略歴

しびれ・麻痺・感覚障害改善の専門家

院長イメージ

平成15年
行岡鍼灸専門学校(現:大阪行岡医療専門学校長柄校)入学
・在学前・在学中に整形外科、整骨院、鍼灸院などで数多くの研修を積む
・卒業時に、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格取得

 

平成18年
社会医療法人健生会 東洋医学研究所 土庫鍼灸治療所 (平成20年より同所長就任)
・在職中は外来鍼灸施術を中心に、同法人土庫病院で、漢方外来、外科手術、在宅ケア、終末期緩和ケア、西洋医学との医療連携などの経験を積む
・平成19年 介護予防運動指導員資格取得
・平成27年 睡眠健康運動指導士資格取得
・平成28年 全日本オステオパシー協会に入会し、オステオパシー整体を学ぶ

 

平成30年6月
奈良県橿原市にて開院

 

「自信を失ってしまった方が、笑顔と日常生活を取り戻せるようにするのが、当院の使命だと考えています」

オファー3980円

※初めての場合、60分ほどお時間をいただきます。(2回目以降は30~40分程)

※限定特典は数に限りがあります。あらかじめご了承ください。

使用可能クレジットカード

電話番号

LINE予約

支持する5つの理由

理由1

全国でも希少な
しびれ・麻痺専門の鍼灸院

しびれ・麻痺専門の施術

当院は神経のしびれ・麻痺・感覚障害に対する施術を徹底的に磨いています。

しびれや麻痺・感覚障害の症状を改善に導くには、一般的な鍼灸技術では足りません。

症状の出ている所だけではなく、冷えの種類や神経の回復力など、専門的な知識と技術を駆使する必要があります。

当院ではそれらを見極め、しびれや麻痺の回復を促し、改善に導く施術を行います。

理由2

元土庫病院東洋医学科所長
の経験

土庫病院時代の院長

当院院長は、土庫病院の東洋医学科を主とし、約20年間、延べ35,000人以上もの施術を行ってきました。

その臨床経験より、病院に行っても良くならない、しびれ・麻痺の症状を最も得意としています。

東洋医学、西洋医学の両方より分析し、最適なアプローチを組み立てますので、薬で良くならなくても、あきらめないでください。

理由3

外科の名医も推薦する
技術力

稲次先生との2ショット写真

大腸消化器外科の権威であり、名医である稲次直樹先生より推薦を受けました。

推薦に恥じぬよう、自信と誇りを持ち、頂いた言葉を胸に日々施術にあたっています。

一人でも多くの方が、元の日常生活を取り戻し、自信を取り戻せるせるようにするのが、当院の使命です。

理由4

関西圏全域よりいただいた
たくさんの喜びの声

たくさんの喜びの声

当院では、橿原市近隣市町村をはじめ、大阪、三重、和歌山、京都、滋賀などの周辺地域より来院されます。

今まで約20年の臨床経験で、多くの方のしびれ・麻痺を改善に導いてきました。

これからも、自身がたずさわる人達が、「良くなったよ!」の声が聞けるよう、全力を尽くしていきます。

理由5

「自信を取り戻してほしい!」という強い気持ち

強い気持ちで施術を行うイメージ

当院の想いとして「今の症状だけがとれればいい」とは思っていません。

しびれや麻痺があることで、日常生活が不自由になり、気持ちが沈んで、自信を失ってしまっているかと思います。

あなたは良くなったら、どんなことがしたいですか?

当院では症状が改善した先の、「自信を取り戻した幸せな時間」を共に目指したいと思っています。

ぜひ当院で、あなたの良くなってやりたいことを聞かせてください!

追伸

本当に大事にしているのはあなたの「自信を取り戻す」ことです

院長イメージ

当院のホームページを、読んでいただきありがとうございます。

当院が目指しているのは、施術をして不調を取り除くことはもちろんですが、その先にある「自信を取り戻してもらう」ことを大事にしています。

痛みや不調を気にしながら過ごしていると、心に余裕がなくなり、自分に自信がもてません。

そして時には、他人にあたってしまったりします。

逆にその不調がなくなったとしたら、以前のような心の余裕が生まれ、再び自分に自信を持つことができます。そうすることで、他人にも笑顔を見せることができます。

 

これまで私が施術した中のある方ですが、顔面の麻痺で悩まれた方がご来院されました。

その方は、家の中でもマスクをして顔を隠し、食べ物や飲み物が口からこぼれるので、職場でも人目を避けて食事を取っておられました。

入院して投薬を受けましたが、良くならず「もう治らない」と担当医に言われ、落胆と絶望の中で当院にお越しいただきました。

最初は口数も少なく、すっかり自信を失ってしまった状態でしたが、改善に導くにつれ、笑顔が増えていき、最終的にはマスクも外せ、人前でも普通に食事ができるようになりました。

女性の方でしたし、顔のことなので、とても喜んで頂き、自信を取り戻した明るい笑顔を見れたときが印象的で、とても嬉しいエピソードになりました。

 

私ができることは「健康を取り戻す」サポートです。

そしてあなたができることは「健康と自信を取り戻す」ことです。

あなたが自信を取り戻し、笑顔で日常を過ごせるよう全力でサポートします。

一人で悩まないで、ご相談ください。

あなたからのご連絡を心よりお待ちしています。

 

→院長自己紹介を見る

前骨間神経麻痺・後骨間神経麻痺でよくある質問

Q:どれぐらいでよくなりますか?

その人の年齢、体質、回復力によりますが、施術計画として週1~2回のペースで、1か月~数か月間が改善の目安になります。

 

詳しくは初回時にお体の状態を見させていただいた上で、ご説明させていただきます。

Q:発症して2年が経過しています。これでも良くなるでしょうか?

末梢の神経の回復は発症より、6か月~1年までです。

1年以上経過したものは、効果が見込めず施術の適応外です。

三つ柱治療院

店舗イメージ

営業日時 

営業時間 日・祝
〇火水金9:00~19:00
(最終受付18:30)

△木・土9:00~17:00
(最終受付16:30)

定休日:・日・祝日

 

電話予約はこちら

LINE予約・問合せ

住所 

〒634-0076

奈良県橿原市兵部町6-10 エイトウッドマンション1F

車・電車・バスでの行き方