顔面神経麻痺

顔面神経麻痺を改善に導きます

顔面神経麻痺を改善に導きます

顔面神経麻痺でこんなことにお困りではありませんか?

  • 病院でステロイドをしたが良くならない
  • 人に見られたくないので、顔をマスクで隠している
  • 人と話すと目線が麻痺側に集まり気になる
  • 鏡の前に写っている自分の顔を見るのが苦痛
  • うまく食べたり飲んだりできず、口から物がこぼれる

 

病院に通い、ステロイドで良くならなくても、あきらめないでください。

 

当院には毎月のように多くの患者さんが来院され、顔面神経麻痺を克服されています。
病院で12年間、麻痺の症例を35,000症例以上担当した「元病院勤務」の院長が、麻痺専門の施術で、顔面神経麻痺を改善に導きます。

西洋医学と東洋医学を熟知していますので、ステロイド薬で効果がでなかった、顔面神経麻痺でお困りなら、ぜひ一度当院の施術をお試しください。

 

施術風景

院長 猪之良 武(いのら たけし)

院長紹介

平成4年
四條畷市立四條畷西中学校卒業

平成13年
大学入学資格検定合格(現:高卒認定試験)

平成15年
行岡鍼灸専門学校(現:大阪行岡医療専門学校長柄校)入学

・在学前・在学中に整形外科、整骨院、鍼灸院などで数多くの研修を積む

・卒業時に、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格取得

平成18年
社会医療法人健生会 東洋医学研究所 土庫鍼灸治療所 (平成20年より同所長就任)

・在職中は外来鍼灸施術を中心に、同法人土庫病院で、漢方外来、外科手術、在宅ケア、終末期緩和ケア、西洋医学との医療連携などの経験を積む

・平成19年 介護予防運動指導員資格取得

・平成27年 睡眠健康運動指導士資格取得

・平成28年 全日本オステオパシー協会に入会し、オステオパシー整体を学ぶ

平成30年6月

奈良県橿原市にて開院

 

「自信を失ってしまった方が、笑顔と日常生活を取り戻せるようにするのが、当院の使命だと考えています」

喜びの声が届いています

病院の薬でも一向に良くならない顔面神経麻痺が、外見上はわからないぐらいまで良くなりました。

お客様写真

以前若い時に顔面神経麻痺にかかったことがありました。
その時はすぐに元に戻りました。

今回は急に発症したのですが、以前になったほど強く麻痺しなかったため、またすぐに良くなるだろうと安心していると、一向に良くなりません。
病院で薬ももらっているのにです。
段々と不安になってきました。

 

これはどうにかしないと…と思っていると、知人に顔面神経麻痺は鍼灸が良いということを聞きました。
そして三つ柱治療院をインターネットで探し、お願いしてみることにしました。
最初に行った印象は、先生の人柄が気さくで、どんなことでも質問するとわかりやすく返してきてくれます。
施術の方は1か月ほど受けていくと、涙や口から飲み物がこぼれるのが少なくなってきました。
なによりも一生このままの顔で過ごすのか…という不安が無くなったのが嬉しかったです。
外見上はわからないぐらいまで良くなりましたが、まだまだ少しずつ良くなっていっているので、完全に良くしていきたいです。

 

西洋医学の方法や薬で良くならない病気に対しては、東洋医学の施術は効果が上がりやすいと思います。
この病気になったときは間違いなく鍼灸を受けた方がよいと思います。
迷っているのなら、一度相談してみてください。

吉村 一由様 大和高田市 50歳 IT職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

顔面神経麻痺になり目や口が完全に閉じれませんでしたが、今ではマスクも外していますし、鏡の前でもイヤな気持ちになりません。

お客様写真

1か月前に朝起きた時、顔面神経麻痺を発症しました。
左の顔面がゆがみ、目や口が閉じれず難儀しました。
最初なったときはビックリして、すぐに病院に行きステロイドで様子を見ました。
それでいくらかは良くなったのですが、目が完全に閉じれずゴロゴロと痛くなってきたりシャンプーするときに目に入ったりして不便でした。

 

三つ柱治療院さんには近所の人に聞いてきました。
その人も以前顔面神経麻痺になったことがあり、その時によくしてもらったとのこと。
顔のことなんで普段からマスクをして隠したりしてたので、ちょっとでもよくなればと通わさせていただきました。

施術の方は特に痛みを感じることもなく、副作用もないとのことなので安心です。
施術を受けるたびに少しずつですが、マシになっていくのを実感しました。
なんでも顔面神経麻痺は1年以内に施術をしないと効果が低いのだとか。
早い目に施術を開始したので、早くよくなっていくと言われました。
また顔面神経麻痺は体質に問題があることが多く、日常生活での注意点や、やらないほうがいいことも教えてもらい、しっかり守っています。

 

本当に顔面神経麻痺になると鏡の前に立つのがイヤになりますが、私は三つ柱治療院さんで助けてもらいました。
今ではマスクも外していますし、鏡の前でもイヤな気持ちになりません。
施術はちょっとでも早い方がいいので、なってしまったらすぐに相談されてみるといいと思います。
先生は土庫病院の東洋医学科で所長をされていたらしいので、安心して相談できますよ。

近藤 光男様 橿原市 48歳 運送業

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

顔面の麻痺で人の視線が気になっていたのが、人前に堂々と出ていけるようになりました。

お客様写真

私は普段から仕事が忙しく、よく体調を崩していました。
今回現れた顔面神経麻痺も先生から、日々のストレスの影響が大きいと言われました。
病院では左半分の顔面の麻痺で、ラムゼイハント症候群と言われました。
目が乾燥してゴロゴロしたり、頬のツッパリ感、口元から食べたものや飲んだものがこぼれる状態でした。
何よりも自営で接客をする私が、対面で人と話しているときに、左半分の顔に視線が行くのが嫌だなと思いました。

 

三つ柱治療院さんは、知人に聞き紹介されて行きました。
ホームぺージを見ても、麻痺やしびれに対して専門的な施術を行っている院と感じました。
実際に顔面神経麻痺の実績も豊富であると思いました。

施術は鍼が初めてな私に刺激を合わせていただきました。
特に初めて受ける方でも安心して施術を受けれると思います。
施術を開始してから1か月ほど経過してから、徐々に顔の方に変化が現れてきました。
頬のつっぱりや、口元から物がこぼれにくくなりました。
そして3か月もすると一見しただけではわからないまでに回復しました。

 

これで人前に出ていっても堂々としておれます。
視線が左半分に行くことも無くなりました。
病気の回復と、自信を戻して頂いた先生には感謝の気持ちしかありません。
顔面神経麻痺でお困りの方は必ず良くしていただけますので、ご相談してみてください。

上中 誠司様 橿原市 52歳 自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

顔面神経麻痺に突然かかり、人前に出るのがおっくうになっていたのが、今では気負いせずに堂々とできます。

お客様写真

顔面神経麻痺に突然かかり、一時はどうなるんだろうかと不安になるばかりでした。
すぐに病院にいったのですが、決められた期間処方を受けると、後は経過を観察するのみで一向に顔のマヒは良くなりませんでした。
顔のことなんで人前に出るのがおっくうになってきて、気分もふさぎ込んでしまいました。
もう一生このままなのかという思いが頭をよぎりました。

 

三つ柱治療院さんへはそんな時に、知人よりお話を聞きお伺いさせていただきました。
発症して2,3か月経ってましたが、先生に「十分に可能性がある」とおっしゃっていただき、それを信じて施術を受けることにしました。
また日々の日常生活が影響しているものを少しずつ改めていき、自分でも少しでも回復が早くなるように努めました。
その結果少しずつですが、確実に顔のマヒが緩解して動いてくるのがわかりました。
本当にあきらめずに鍼灸治療を試してみて良かったです。
あれだけ人前に出るのがおっくうになっていたのが、今では気負いせずに堂々とできます。

 

東洋医学の根本のアプローチは、西洋医学で結果がでなかったものでも有効であります。
もし顔面神経麻痺で、人前に出るのがおっくうになっている、気持ちが落ち込んでいる方は、病院以外にも三つ柱治療院さんにお世話になってみるとよいと思います。
決して後悔はしないです。

中南 結花様 葛城市 34歳 事務職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

なぜ病院のステロイド薬で顔面神経麻痺が改善しないのか?

問診風景

病院では脳に問題がなければ、末梢神経の麻痺であるベル麻痺か、ラムゼイハント症候群と言われます。

どちらもステロイド薬による投薬を、通院か入院をして行います。

このステロイド薬で7割ほどの人は改善すると言われていますが、改善に至らない人もいます。

なぜ良くなる人と、ならない人がいるのでしょうか?

 

 

答えはステロイド薬で良くならない人は、体の回復力自体が低下してしまっているからです。

そしてその回復力の低下には、内臓の疲労が深く関係しています。

当院ではこの内臓疲労にアプローチをかけ、顔面神経麻痺を改善に導きます。

当院の鍼灸で顔面神経麻痺が改善する理由

理由1

内臓疲労に焦点をあてたアプローチ

検査風景

ステロイド薬で回復しない人は例外なく、内臓疲労が強く、回復力を低下させています。

多くは、過労、暴飲暴食、ストレスが慢性的にかかっている状態になっています。

 

当院では全身に約360ほどあるツボの中から、あなたに合ったツボを選び、内臓疲労を取り除いていきます。

そうすることで、血流が良くなり、顔面部に血流が届けられ、神経回復を促します。

施術風景

理由2

3段階のアプローチで神経の回復力を促します

施術風景

当院では顔面神経麻痺に対して、3段階のアプローチをかけて施術を行います。

 

なぜそのようなことをするのかといいますと、顔面神経麻痺は大きく分けて3段階の進行をするからです。
それぞれの進行段階に合わせて、最も適したアプローチをすることで、神経の回復を最大限に上げることができます。

初期(1~2か月)

回復力が低下しており、神経の回路がうまく機能しない時です

内臓疲労を取り除くことを主としてアプローチしていく。

そうすることで、血流が良くなり顔面部の神経の回復力を上げます。

 

中期(2か月~3か月)
麻痺が回復していくが、細かな神経回路が回復しにくい時期です

内臓疲労にアプローチしつつ、回復していない細かな神経に対して施術を加えていきます。

顔面部でも回復が遅い部分や、首肩の緊張を緩め、更に血流が多く届けられるようにします。

 

後期(3か月~)
回復した神経機能を安定させ元に戻らないようにする

ここまで回復すると、次は自律神経を整えるアプローチをします。

そうすることで神経に届けられる血流が安定し、麻痺の後遺症や再発を防ぎます。

このような3段階の施術プログラムを行うことで、顔面神経麻痺を改善に導きます。

もしあなたが顔面神経麻痺になり、病院のステロイド薬でも良くならないのなら、すぐに当院にご相談ください。

オファー4980円

※初めての場合、原因や体質を見極めるため90分ほどかけて、カウンセリング・検査・説明を入念に行います。

※2回目以降は7,500円になります。

※限定特典は数に限りがあります。あらかじめご了承ください。

使用可能クレジットカード

電話番号

受付時間

火~金 9:00~20:00

土のみ 9:00~17:00

(最終受付・平日19時/土16時)

定休日

日・祝・月曜日

LINE予約

ネットで予約・問い合わせ

よくある質問

Q:施術は痛いですか?

基本的には痛くありません。
刺激に弱い人でも、長年の臨床経験より最適な刺激量を見極めることができまので、ソフトに調整していきます。
顔面部にも施術を行いますが、最も刺激の少ない方法で行いますので安心してください。

Q:妊娠中でも受けることができますか?

大丈夫です。
妊娠中は胎盤が形成され、ホルモンバランスも変わりますので、通常の血流形態から著しく変化します。
なので妊娠中に顔面神経麻痺を発症する方もおられます。
妊娠というストレスがかかる時期ですと、胎児に影響もあるので薬も使用できません。
本当にどこにいっていいのかわからない状態になり、不安が先立ちます。
WHOなどの国際的な期間も妊娠中の施術や、神経麻痺を適応症として認めています。
加えて3万5千症例以上の臨床経験の中、妊娠中の施術も大変多く経験を積んでおります。
母子ともに副作用なく、安心して施術を受けられますのでご相談ください。

顔面神経麻痺を発症してから数か月経っています。良くなるでしょうか?

顔面神経麻痺は1年ほどかけて徐々に良くなっていく場合もございます。
発症して1年以内までは、施術を行って良くなる可能性があります。
1年ほど経つと固定化され効果が出る望みは薄いです。
詳しくはご連絡を頂ければ、判断させていただきます。

脳腫瘍のため手術をし、その時に顔面神経を損傷しました。それでも良くなるでしょうか?

大きな手術をされ、大変だったと思います。
完全に良くなったと思っていたのに、心中お察します。
残念ながら手術での神経損傷や、中枢神経由来の顔面神経麻痺には効果は見込めません。
末梢神経の回復を促す施術になりますので、回復が不可能なほど神経が傷ついたり、中枢神経が深く関与していたりすると、適応外になります。

涙が出て、口から物がこぼれていた顔面神経麻痺が、マシになってきました。

お客様写真

この度朝起きて顔を洗っている時に、顔の左半分がゆがんでいることに気がつきました。
ビックリしてすぐに仕事を休んで、近くの病院に行ったところ、顔面神経麻痺と言われ、「一度大きい病院で見てもらったほうがよい」とのことらしいので医大病院でも見てもらいました。
医大病院では頭のMRIなどをとってみましたが、特に異常がなく、ウイルスなどもかかっていないので、ベル麻痺とのことでした。
すぐに点滴でステロイドを受けましたが、依然として顔はゆがんだままでした。
特に飲みものなどが飲みにくく、涙がでて不便でもありました。

発症してから2週間程経ち、ステロイドの投薬も一旦終わったのですが、少し良くなった程度でした。
他に方法はないかと色々探していたところ、顔面神経麻痺には鍼灸治療が効果的ということを知り、専門的に施術を行っている所を探しました。
そうするとこちらの三つ柱治療院さんにたどりつき、見てもらうことにしました。

 

はり治療は昔に受けたことはありましたが、顔面神経麻痺で受けるのは初めてなので、緊張しました。
それでも先生は施術中でも緊張を解くように色々話をしてくれて、リラックスして受けることができました。
そしてこのはり治療が良くて、施術をしていくうちに、徐々に顔に変化がでてきました。
まずは口から食べ物や飲み物がこぼれていたのが、無くなっていき、涙が出るのがマシになってきました。
見た目も段々と気にならなくなっていき、今では笑ったときに、少しわかるかな程度にまで回復しました。
本当にここで施術してもらって良かったです。
ここまで鍼の施術が効果を上げるなんて、思ってもいませんでした。

島 英喜様 橿原市 65歳 教職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

目が疲れて痛くなっていた顔面神経麻痺が、痛みがほぼ出なくなりました。

お客様写真

私が顔面神経麻痺になった時は、仕事が休みの日の夕方ごろでした。
前日から続いていた偏頭痛と耳の奥が痛むので横になっていました。
夕方ごろにトイレに行くため下の階に降りると、家族に顔がゆがんでいるとびっくりされ、そこで顔の異変に初めて気付きました。

すぐに緊急で大きな病院に行き、色々と調べてもらった結果、「ラムゼイハント症候群」と言われました。
薬などで様子を見ていき、顔のゆがみは少しはましになったのですが、車の運転などを長時間していると、目が疲れて痛くなってきました。
またシャンプーをするときに目に入るので、水中メガネをしながらお風呂に入っていました。
他にも飲み物や食べ物もこぼしやすかったです。

 

三つ柱治療院さんにお世話になったのは、顔面神経麻痺になってから3か月ほど過ぎたころです。
知人伝いに鍼灸治療のことを聞き、インターネットで探して施術を受けました。
初めて針の施術を受けるので、少し怖かったですが、いざ受けてみると思ってたより痛みはありませんでした。
それから4か月ほど続けていますが、だいぶと良くなりパッと見ではわからないぐらいに回復しました。
車の運転を長時間しても痛みがほぼでなくなりました。

 

本当に先生のお世話になり良かったです。
顔面神経麻痺で中々良くならないのなら、一度ご相談してみてください。
麻痺やしびれに特化した施術らしいので、必ずいい結果に導いてくれると思います。

島田 忠様 橿原市 44歳 トラック運転手

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

顔面神経麻痺になりマスクで顔を隠していましたが、今はマスクを着けずに外に出れます。

お客様写真

ちょうど2か月前に右半分の顔が顔面神経麻痺にかかりました。
朝起きてなんとなくいつもと違う違和感や、舌がしびれる感じがしていました。
なんか変だなと思いながらも洗面台に顔を洗いにいくと、鏡に写っている自分の顔に驚愕しました。

これは大変だと思いすぐに病院に行き色々と見てもらいました。
そうしてベル麻痺と言われました。
毎日点滴に通い、2週間ほどするとかなり良くはなってきましたが、まだ見た目的にも顔のゆがみがわかる状態でした。
ですのでどこに行くときもマスクをして、できるだけ麻痺がわからないように隠していました。
他に何か方法はないかと探していると、鍼灸治療のことが目に付きました。
そしてインターネットで鍼灸治療を検索してみて、三つ柱治療院さんが良さそうだったので行ってみることにしました。

 

最初に見てもらったときに、ベル麻痺は体質や日常生活での疲労と深く関与していると言われました。
色々と指摘されたことを改めたりして、自分の体を見直すきっかけになりました。
そして施術をしてもらうことで徐々にですが、目元の麻痺や口元の麻痺が緩和されていきました。
涙の量も減ったし、しゃべりにくさや舌のしびれに関してはすっかり良くなりました。
おかげで今はマスクを着けずに外に出れます。

 

顔面神経麻痺は鍼灸療法で、発症後1年ぐらいまで効果が期待できるらしいので、しっかりと良くするためにこれからもお願いします。

福原 知美様 橿原市 39歳 事務職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

顔面神経麻痺で顔がグニャリと曲がっていましたが、今ではマスクをしなくとも日常を過ごしています。

お客様写真

残暑が残る9月末、朝目覚め何気に新聞を取りに行き、コーヒーを飲んだ時、顔の異変に気が付きました。
何かコーヒーが飲みにくく、口から飲んだものがこぼれるのです。
何かおかしいと自分の顔を鏡で見に行くと、顔の右半分がグニャリと曲がっていました。
最近なぜか頭痛があったり、耳が痛くなることがあったので、とんでもないことになっていると思いました。
そして近所の総合病院に緊急で見てもらいました。
MRIで頭の中を調べてみると特に異常なく、「ベル麻痺」といわれました。
命に関わる病気ではないらしいので少し安心しましたが、この顔では歩いていても目立ち、できるだけわからないように、普段からマスクをつけて過ごすようになりました。

病院ではそのあと点滴を受けに行ってましたが、1か月もすると、「後は様子をみていきましょう」といわれました。
そうしていると職場の上司から鍼がいいということを聞き、どこか専門的に施術をやっているところはないかと探していると、三つ柱治療院さんにたどり着きました。

 

施術していくとすぐに顔の曲がりが良くなっていくのがわかりました。
これはしっかりと施術を続けていこうと思いました。
また普段の日常生活でも色々な指導をしてくれました。
今まで普通にやってきたことが、あまり体には良くなかったこともたくさんあり勉強になりました。

 

おかげさまで今ではマスクをしなくとも、日常を過ごしています。
随分と顔の曲がりも良くなりましたが、発症してから1年ぐらいは効果が期待できるらしいので、定期的にお世話になります。
よろしくお願いします。

野口 伸二様 奈良市 46歳 管理職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

追伸

本当に大事にしているのはあなたの「自信を取り戻す」ことです

院長イメージ

当院のホームページを、読んでいただきありがとうございます。

当院が目指しているのは、施術をして不調を取り除くことはもちろんですが、その先にある「自信を取り戻してもらう」ことを大事にしています。

痛みや不調を気にしながら過ごしていると、心に余裕がなくなり、自分に自信がもてません。

そして時には、他人にあたってしまったりします。

逆にその不調がなくなったとしたら、以前のような心の余裕が生まれ、再び自分に自信を持つことができます。そうすることで、他人にも笑顔を見せることができます。

 

これまで私が施術した中のある方ですが、顔面の麻痺で悩まれた方がご来院されました。

その方は、家の中でもマスクをして顔を隠し、食べ物や飲み物が口からこぼれるので、職場でも人目を避けて食事を取っておられました。

入院して投薬を受けましたが、良くならず「もう治らない」と担当医に言われ、落胆と絶望の中で当院にお越しいただきました。

最初は口数も少なく、すっかり自信を失ってしまった状態でしたが、改善に導くにつれ、笑顔が増えていき、最終的にはマスクも外せ、人前でも普通に食事ができるようになりました。

女性の方でしたし、顔のことなので、とても喜んで頂き、自信を取り戻した明るい笑顔を見れたときが印象的で、とても嬉しいエピソードになりました。

 

私ができることは「健康を取り戻す」サポートです。

そしてあなたができることは「健康と自信を取り戻す」ことです。

あなたが自信を取り戻し、笑顔で日常を過ごせるよう全力でサポートします。

一人で悩まないで、ご相談ください。

あなたからのご連絡を心よりお待ちしています。