目が疲れて痛くなっていた顔面神経麻痺が、痛みがほぼ出なくなりました。

お客様写真

私が顔面神経麻痺になった時は、仕事が休みの日の夕方ごろでした。
前日から続いていた偏頭痛と耳の奥が痛むので横になっていました。
夕方ごろにトイレに行くため下の階に降りると、家族に顔がゆがんでいるとびっくりされ、そこで顔の異変に初めて気付きました。

すぐに緊急で大きな病院に行き、色々と調べてもらった結果、「ラムゼイハント症候群」と言われました。
薬などで様子を見ていき、顔のゆがみは少しはましになったのですが、車の運転などを長時間していると、目が疲れて痛くなってきました。
またシャンプーをするときに目に入るので、水中メガネをしながらお風呂に入っていました。
他にも飲み物や食べ物もこぼしやすかったです。

 

三つ柱治療院さんにお世話になったのは、顔面神経麻痺になってから3か月ほど過ぎたころです。
知人伝いに鍼灸治療のことを聞き、インターネットで探して施術を受けました。
初めて針の施術を受けるので、少し怖かったですが、いざ受けてみると思ってたより痛みはありませんでした。
それから4か月ほど続けていますが、だいぶと良くなりパッと見ではわからないぐらいに回復しました。
車の運転を長時間しても痛みがほぼでなくなりました。

 

本当に先生のお世話になり良かったです。
顔面神経麻痺で中々良くならないのなら、一度ご相談してみてください。
麻痺やしびれに特化した施術らしいので、必ずいい結果に導いてくれると思います。

島田 忠様 橿原市 44歳 トラック運転手

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

入院してステロイドをしても良くならない、顔面神経麻痺(ハント症候群)が、完全に解消され、感謝の日々を送っています。 お客様写真
顔面神経麻痺で顔がグニャリと曲がっていましたが、今ではマスクをしなくとも日常を過ごしています。 お客様写真
顔面神経麻痺になりマスクで顔を隠していましたが、今はマスクを着けずに外に出れます。 お客様写真