ステロイドでも一向に良くならない顔面神経麻痺(ハント症候群)が、完全に解消され、感謝の日々を送っています。

アンケート用紙

私は顔面神経麻痺(ハント症候群)により、右目が閉じられなくなりました。

また水を飲もうとしても、うがいをしようとしても、ダラダラとこぼれてしまっていました。

発症時はステロイド剤の点滴治療のため入院していました。

退院後は飲み薬に切り替わりましたが、一向に良くなることはありませんでした。

病院では、治る確率はかなり低めで難しい旨の事を言われました。

でも猪之良先生は「発症から1か月以内なので良くなりますよ」と即答していただきました。

 

そして施術を受けて通院する度に、心も体も軽くなり、右目が閉じられるようになっていきました。

今では発症前と何ら変わらず、食事もうがいも出来るようになりました。

退院してから3回目の病院での診察の折には、担当医師より「ここまで良くなったらもう大丈夫でしょう!」と言ってもらうことができました。

三つ柱治療院は毎回安心して治療してもらうことができます。

「このままずっとマスクなしで人前に出ることはできないかも…」と思っていた不安は、完全に解消され、感謝の日々を送っています。

よっしー様 奈良市 54歳 パート

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

顔面神経麻痺で顔がグニャリと曲がっていましたが、今ではマスクをしなくとも日常を過ごしています。 お客様写真
顔面神経麻痺になりマスクで顔を隠していましたが、今はマスクを着けずに外に出れます。 お客様写真
目が疲れて痛くなっていた顔面神経麻痺が、痛みがほぼ出なくなりました。 お客様写真