原因の説明と治療計画

今後の治療計画

回復していく過程の図

体に冷えがある場合、体の回復力が低下しています。
最初の1か月間を集中して施術することで、一気に回復力を底上げし、症状を寛解・安定的にします。

痛みしびれ・麻痺の場合は週2回、自律神経の症状・感覚障害(味覚・嗅覚など)の場合は、週1回の間隔で施術していくことで、神経の修復・再生が最大限になります。

2回目以降の施術について

冷えを取り除くことを中心に、自律神経に対してもアプローチをしていきます。
具体的には、手足頭のツボや、腰背部のツボに施術します。
また深いツボにアプローチしたり、お灸を加えていったり、関連する部位に施術を加えたりして、刺激の量を適正化していきます。
(お灸も心地いい熱量で火傷などはしません)

この時期は回復力が向上していく時期になりますので、生活習慣の改善を加えることでよりいい状態になります。
生活改善の指摘をすることもありますので、しっかりと取り入れてください。

8回目~10回目以降(骨のゆがみが強い人のみ)

画像検査で骨のゆがみがある人は、体のゆがみに対するアプローチを加えます。
整体施術を加え、ゆがみからくる、痛みしびれや麻痺を改善に導きます。

回復をしていく4つのパターン

①波が常にあり、不安定なパターン

波が常にあり、不安定なパターン

調子がいい時と悪い時を繰り返しながら、良くなっていくパターンです。

症状に波があるので、自分では改善していっているという感じを受けにくいです。
今まで出たことがなかった新しい症状が現れたり、症状が出ている場所や、性質が変わったりします。

主に自律神経症状や、冷えが強く、回復力がかなり低下している人に多いパターンです。

②途中から停滞するパターン

途中から停滞するパターン

途中で停滞するパターンです。

最初症状が変化したり、改善するので停滞すると、もうこれ以上は良くならないと感じてしまいます。
本当に回復しない場合は、最初に少し良くなったり、症状が変化したりはしません。

主に日常生活の過ごし方に問題があったり、症状が慢性化しかけている状態の時に多いパターンです。

③一定の回復を順調に続けるパターン

一定の回復を順調に続けるパターン

回復の速度の速い・遅いはありますが、続けて一定の回復を

三つ柱治療院

店舗イメージ

営業日時 

営業時間 日・祝
〇火水金9:00~19:00
(最終受付18:30)

△木・土9:00~17:00
(最終受付16:30)

定休日:・日・祝日

 

電話予約はこちら

LINE予約・問合せ

住所 

〒634-0076

奈良県橿原市兵部町6-10 エイトウッドマンション1F

車・電車・バスでの行き方