涙が出て、口から物がこぼれていた顔面神経麻痺が、マシになってきました。

お客様写真

この度朝起きて顔を洗っている時に、顔の左半分がゆがんでいることに気がつきました。
ビックリしてすぐに仕事を休んで、近くの病院に行ったところ、顔面神経麻痺と言われ、「一度大きい病院で見てもらったほうがよい」とのことらしいので医大病院でも見てもらいました。
医大病院では頭のMRIなどをとってみましたが、特に異常がなく、ウイルスなどもかかっていないので、ベル麻痺とのことでした。
すぐに点滴でステロイドを受けましたが、依然として顔はゆがんだままでした。
特に飲みものなどが飲みにくく、涙がでて不便でもありました。

発症してから2週間程経ち、ステロイドの投薬も一旦終わったのですが、少し良くなった程度でした。
他に方法はないかと色々探していたところ、顔面神経麻痺には鍼灸治療が効果的ということを知り、専門的に施術を行っている所を探しました。
そうするとこちらの三つ柱治療院さんにたどりつき、見てもらうことにしました。

 

はり治療は昔に受けたことはありましたが、顔面神経麻痺で受けるのは初めてなので、緊張しました。
それでも先生は施術中でも緊張を解くように色々話をしてくれて、リラックスして受けることができました。
そしてこのはり治療が良くて、施術をしていくうちに、徐々に顔に変化がでてきました。
まずは口から食べ物や飲み物がこぼれていたのが、無くなっていき、涙が出るのがマシになってきました。
見た目も段々と気にならなくなっていき、今では笑ったときに、少しわかるかな程度にまで回復しました。

 
本当にここで施術してもらって良かったです。
ここまで鍼の施術が効果を上げるなんて、思ってもいませんでした。

島 英喜様 橿原市 65歳 教職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

入院してステロイドをしても良くならない、顔面神経麻痺(ハント症候群)が、完全に解消され、感謝の日々を送っています。 お客様写真
顔面神経麻痺で顔がグニャリと曲がっていましたが、今ではマスクをしなくとも日常を過ごしています。 お客様写真
顔面神経麻痺になりマスクで顔を隠していましたが、今はマスクを着けずに外に出れます。 お客様写真