顔面神経麻痺で顔がグニャリと曲がっていましたが、今ではマスクをしなくとも日常を過ごしています。

お客様写真

残暑が残る9月末、朝目覚め何気に新聞を取りに行き、コーヒーを飲んだ時、顔の異変に気が付きました。
何かコーヒーが飲みにくく、口から飲んだものがこぼれるのです。
何かおかしいと自分の顔を鏡で見に行くと、顔の右半分がグニャリと曲がっていました。
最近なぜか頭痛があったり、耳が痛くなることがあったので、とんでもないことになっていると思いました。
そして近所の総合病院に緊急で見てもらいました。
MRIで頭の中を調べてみると特に異常なく、「ベル麻痺」といわれました。
命に関わる病気ではないらしいので少し安心しましたが、この顔では歩いていても目立ち、できるだけわからないように、普段からマスクをつけて過ごすようになりました。

病院ではそのあと点滴を受けに行ってましたが、1か月もすると、「後は様子をみていきましょう」といわれました。
そうしていると職場の上司から鍼がいいということを聞き、どこか専門的に施術をやっているところはないかと探していると、三つ柱治療院さんにたどり着きました。

 

施術していくとすぐに顔の曲がりが良くなっていくのがわかりました。
これはしっかりと施術を続けていこうと思いました。
また普段の日常生活でも色々な指導をしてくれました。
今まで普通にやってきたことが、あまり体には良くなかったこともたくさんあり勉強になりました。

 

おかげさまで今ではマスクをしなくとも、日常を過ごしています。
随分と顔の曲がりも良くなりましたが、発症してから1年ぐらいは効果が期待できるらしいので、定期的にお世話になります。
よろしくお願いします。

野口 伸二様 奈良市 46歳 管理職

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

入院してステロイドをしても良くならない、顔面神経麻痺(ハント症候群)が、完全に解消され、感謝の日々を送っています。 お客様写真
顔面神経麻痺になりマスクで顔を隠していましたが、今はマスクを着けずに外に出れます。 お客様写真
目が疲れて痛くなっていた顔面神経麻痺が、痛みがほぼ出なくなりました。 お客様写真