顔面の麻痺で人の視線が気になっていたのが、人前に堂々と出ていけるようになりました。

お客様写真

私は普段から仕事が忙しく、よく体調を崩していました。
今回現れた顔面神経麻痺も先生から、日々のストレスの影響が大きいと言われました。
病院では左半分の顔面の麻痺で、ラムゼイハント症候群と言われました。
目が乾燥してゴロゴロしたり、頬のツッパリ感、口元から食べたものや飲んだものがこぼれる状態でした。
何よりも自営で接客をする私が、対面で人と話しているときに、左半分の顔に視線が行くのが嫌だなと思いました。

三つ柱治療院さんは、知人に聞き紹介されて行きました。
ホームぺージを見ても、麻痺やしびれに対して専門的な施術を行っている院と感じました。
実際に顔面神経麻痺の実績も豊富であると思いました。

 

施術は鍼が初めてな私に刺激を合わせていただきました。
特に初めて受ける方でも安心して施術を受けれると思います。
施術を開始してから1か月ほど経過してから、徐々に顔の方に変化が現れてきました。
頬のつっぱりや、口元から物がこぼれにくくなりました。
そして3か月もすると一見しただけではわからないまでに回復しました。

これで人前に出ていっても堂々としておれます。
視線が左半分に行くことも無くなりました。
病気の回復と、自信を戻して頂いた先生には感謝の気持ちしかありません。
顔面神経麻痺でお困りの方は必ず良くしていただけますので、ご相談してみてください。

上中 誠司様 橿原市 52歳 自営業

※お客様の感想であり、効果効能を保証するものではありません。

同じ症状でお悩みのお客さまの声

ステロイドでも一向に良くならない顔面神経麻痺(ハント症候群)が、完全に解消され、感謝の日々を送っています。
顔面神経麻痺で顔がグニャリと曲がっていましたが、今ではマスクをしなくとも日常を過ごしています。 お客様写真
顔面神経麻痺になりマスクで顔を隠していましたが、今はマスクを着けずに外に出れます。 お客様写真